アプリ関連,  ホテル予約サイト

Booking.comって?支払い、予約、問い合わせ方法

 
 
 
海外旅行に行く人によく使われている、ホテル予約サイトのBooking.com(ブッキングドットコム)。
いろいろな予約サイトがある中で、ブッキングドットコムを使うメリットやデメリット、予約から支払い方法、トラブルがあったときの対処方法などをまとめたので、ブッキングドットコムを利用する前に是非チェックしてみてくださいね!

また、ブッキングドットコム専用のGenius会員特典についても紹介していきます。
 
 
 

Booking.comってどんな会社?

ブッキングドットコムは、「Booking.com B.V.」の運営する旅行宿予約サイトで、本拠地はオランダのアムステルダムです。設立当初の1996年は「Booking.nl」で、2005年に「ブッキングホールディングス(当時 プライスラインドットコム)」に加盟し、現在ではBKNGの最大ブランドとして成長し続けています。
 
また、ブッキングホールディングスの傘下・提携している会社は以下になります。(代表・有名な会社のみ抜粋)
 

    

  • KAYAK(カヤック)
  • Agoda(アゴダ)
  • priceline.com(プライスラインドットコム)
  • Open Table(オープンテーブル)
  • エアトリ
  • 楽天トラベル
  • Ctrip(シートリップ)
  • Grab(グラブ)
  •  

     
     
     

    Booking.comの利用方法

    それではブッキングドットコムの具体的な利用方法について紹介していきたいと思います。
     
     

    予約方法

    予約方法はいたって簡単で、まず、ブッキングドットコムのサイトで自分の旅行先の都市、滞在エリア、日付を選択します。
    その後、候補のホテルがいくつかでてくるので、どのホテルに泊まるか決めたら早速予約をしていきましょう。
     
    泊まりたいホテルの画面に行ったら、滞在する日付で泊まれる部屋を見ましょう。
     

    部屋のグレードや、予約条件によって値段が変わるので、自分の都合にあったものを探して部屋数を選択してください。それから、予約画面へと移ります。
     
     

    予約画面では、自分の情報を入力します。会員登録している場合は、自分のアカウントに接続すれば情報が自動入力されるので、2回目以降の予約の際はかなり楽になります。
    この名前の部分は宿泊者情報なので、かわりに予約する際は、自分でなく実際に泊まる人の情報を入力しましょう。
    この入力が終えたら、次は支払い画面へと移ります。
     
     
     

    支払い方法

    支払い画面では、支払い方法を選択します。


     
     
    ①クレジットカードもしくはデビットカード
    ②Pay pal

    の、2つから選択できます。
     

    これらは、予約する場合に詳細を入力しなければなりません。海外のホテルは無断キャンセル防止のためもあり、基本的にどちらかの入力を完了しない限り予約をすることができません。

    ブッキングドットコムでは、当日の支払いが可能なホテルが多いですが、支払いに使用するかどうかは別として、クレジットカードの詳細などはほとんど必要となります。(※日本国内のホテルでは、クレジットカード不要のホテルもあるようで、その場合は、予約画面にクレジットカード不要と記載がされています。

    もちろん、前払いが予約条件になっているホテルでは、予約した日に支払いを完了させることとなります。
    また、ホテルによっては宿泊料金のデポジットや、料金の事前承認(宿泊料金と同じ額を請求して仮押さえしておく)する場合がありますので、クレジットカード利用の知らせが来ても慌てないようにしましょう。
     
     
    クレジットカードの場合は、

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • 裏面のコード
  •  
    の入力をして、予約を完了するというボタンを押したら予約完了になります。
    また、使えるブランドは、VISA、JCB、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナーズクラブの5つとなります。
     
     
    Pay palの場合は、Pay palのサイトに移動し、Pay palの決済手続きを完了したら予約も完了となります。

     
     
     

    予約をキャンセルしたい場合

    旅行が決まって予約しても、急な予定の変更などでホテルをキャンセルしなくてはいけなくなる事もありますよね?そんな時、ブッキングドットコムではどうやってキャンセルをしたらいいのか、まとめてみたので、キャンセルをする際はこれに沿ってキャンセルをしてみてくださいね。
     
     

    申し込んだ部屋がキャンセル無料の場合

    そもそも、キャンセル無料の部屋だった場合のキャンセルは、かなり簡単です。
    まず、ブッキングドットコムのサイト(ウェブサイトでもアプリでもどちらでも大丈夫です)へ行き、予約ボタンから予約の管理をすることができます。
     

     
    予約の管理で、予約の変更およびキャンセルができます。
    予約の変更では、滞在日の変更や部屋の追加などができ、キャンセルはキャンセルページで簡単に済ますことが可能です。

    キャンセル料が無料なため、現地払いにしている場合は料金が発生していないので、返金してもらう必要もなく、キャンセルしたらそれで手続きが終わりとなります。とても簡単ですね。
     
     

    返金不可もしくは無料期間を過ぎている場合

    返金不可もしくは無料期間を過ぎている場合、ホテルが指定しているキャンセル料を払う必要があります。(返金不可はキャンセル時の返金がない場合がほとんどですので、予定が絶対に変わらないという場合以外には予約することはおすすめしません)
    キャンセル料の割合はホテルによって変わってきますが、基本的に登録したクレジットカード、もしくはPay pal決済から差し引かれ、残りは返金されます。

    もちろんですが、ノーショー(無断キャンセル)の場合は、全額キャンセル料として支払うことになるので、返金はありません。
     
    ただし、どうしようもないキャンセルの場合など、実際にブッキングドットコムのカスタマーサポートに電話をして交渉し、宿泊先のホテルがそれを受け入れてくれれば、無料でキャンセルができる場合もあります。
    どうしてもという方は、望みをかけて交渉してみる価値はあります。
     
     
     

    問い合わせ

    自分の専用アカウントから、「カスタマーサービスのヘルプページへ」という項目へ飛ぶと、よくある質問欄や、自分の予約に関する質問をすることができるフォームがあります。
     
    カスタマーサービス:03-6743-6650
    メールアドレス:jp.customer@booking.com
     
    海外発信の場合は、+81-3-6743-6650です。
    365日24時間体制なので、いつでもどこでも問い合わせるすることができますが、問い合わせの前にカスタマーサービスのヘルプページなどで、よくある質問に目を通しましょう。よく質問されることは大体答えが書いてあるので、その指示通りにすれば大抵は解決します。
     
     
     

    予約でトラブル発生!どうしたらいいの?

    ブッキングドットコムで予約をした際によくしがちなトラブルについて解説します。
     
     

    ダブルブッキングしてしまった!

    ダブルブッキングした場合は、そのホテルの詳細を確認しましょう。
    キャンセル無料の部屋の場合は、1つをキャンセルして1つを残せば解決です。
    返金不可や前払いだった場合は、宿泊施設に問い合わせをして事情を説明すれば、基本的には片方をキャンセル扱いにして、全額返金してくれるはずです。

    宿泊施設の連絡先、宿泊施設へのメッセージは予約画面で確認できるので、そこでやりとりをしましょう。
     
     

    現地払いなのにクレジットカードに請求が来てる!!

    特に多いのがヨーロッパ圏のホテルを予約した場合で、現地払いのはずが全額クレジットカードに請求をされて、クレジットカードの使用メールが届いて気づくという問題がよく起きます。
    この場合ですが、ヨーロッパ圏のホテルではよくあることで、宿泊が近づくとそのクレジットカードが有効か確認するために、登録されているカードに請求を行うことがあります。ホテル側は請求が通りクレジットカードが有効か確認した後に、全額返金手続きをするので、実際にクレジットカードに請求されることはありません。

    これをオーソライゼーション(authorization)といいます。
    オーソライゼーションとは、クレジットカードの加盟店(ここではホテル側)が、カード発行会社にカードの有効性を確認することになります。
     
    この場合は慌てずに、宿泊当日までに請求内容が解除されていれば現地支払いを、されていない場合はホテルに宿泊する際に質問しましょう。基本的には確認後すぐに手続きするので、請求はすぐに解除されるはずです。
     
     
     

    Genius会員って?ブッキングドットコムではお得な会員サービスが受けられる!

    ブッキングドットコムでは、Genius会員制度というものがあります。こちらは、ロイヤルティプログラムと呼ばれ、Genius会員になることで予約の際に料金の10%オフから予約することができたり、無料客室アップグレードやホテルによっては朝食が無料でついたりと、さまざまな特典が受けられます。
     
    <レベル1のGenius会員>
    レベル1のGenius会員になるためには、2年以内に2回利用することが条件です。
    特典は以下の通りになります。
     

  • 永久無料の会員資格
  • 宿泊料金が10%割引に
  •  
     
    <レベル2のGenius会員>
    レベル2のGenius会員になるためには、2年以内に5回利用することが条件です。
    特典は以下の通りになります。
     

  • 永久無料の会員資格
  • 宿泊料金が10%または15%割引に
  • 無料の朝食
  • 無料客室アップグレード
  • 会員専用の問い合わせ番号(フォーム)あり
  •  
    特典が適用されるのは対象ホテルのみとなります。対象ホテルには「Genius」のロゴがあるのですぐわかります。
     
     
    Genius会員は年間費無料のクレジットカードのBooking.comカードに加入すると自動的にアップグレードされます。こちらのカードについては以下で説明しますね。
     
     
     

    Booking.comで予約するなら年会費永久無料のBooking.comカードの利用がおすすめ!


    出典:三井住友カード

    Booking.comカードとは、三井住友カードが出しているBooking.com B.V.提携のクレジットカードです。

    Booking.comカードに加入すると、ブッキングドットコムのGenius会員になることができ、始めから特典を受けることが可能です。このカードのお得な点は、

  • 初回からGenius会員へ(宿泊料金10%オフ)
  • ポイント最大6%
  • ポイントは自動キャッシュバック
  • 三井住友クラシックカード(年会費1,500円)と同等の海外保険付き
  •  
    とあり、これからブッキングドットコムを利用していきたいと考えている方や、新しいクレジットカードが欲しく、旅行を計画している人にはかなりおすすめのクレジットカードです!

    国内・海外ともに最大2,500万円の旅行傷害保険が付き、ショッピング補償は年間100万円まであります(商品を購入してから200日間の補償期間)。さらに嬉しいのは永久年会費無料という点!初年度年会費無料と違い、翌年からもずっと無料なので、旅行用として持っておくのもいいでしょう。
     
    <旅行傷害保険の内容>

    補償内容 最高保険金額
    死亡・後遺障害 2,000万(自動付帯300万、利用付帯1700万分)
    傷害治療 100万
    疾病治療 100万
    賠償費用 2,500万
    携行品損害 20万(申請時に3,000円)
    救援者費用 150万

     
     
     

    まとめ

    ブッキングドットコムは、サイト自体とても見やすく検索も細かく設定できるので、自分に合った宿泊施設を探すことができます。
    口コミも、日本人を含む全世界の人からよせられており、口コミ欄にはメリット・デメリットの枠もあり、宿泊者目線でそのホテルのいい面・悪い面を知ることができます。

    筆者も海外旅行や国内で宿を探す際はほぼブッキングドットコムを通して予約しており、1度もトラブルに巻き込まれたことはありません。
    ブッキングドットコムではプライスマッチも行いますので、他サイトでブッキングドットコムよりも安い値段で掲載されている場合は料金のマッチングをしてくれるので、常に最低価格で予約できるのも良いところです。

    アプリも使いやすく、予約確認もスムーズなので、利用の際はアプリのインストールをおすすめします。
     

    旅行予約のブッキングドットコム

    旅行予約のブッキングドットコム

    Booking.com無料posted withアプリーチ

     
     
    クレジットカードや特典をうまく使って、お得に宿泊しちゃいましょう!
    以上、Booking.comについてでした。
     

     
     

     
     
     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    error

      \ Please Like & Share / 

    error: Content is protected !!
    テキストのコピーはできません。